お菓子をちょこちょこ食べて体重増加

posted in: 未分類 | 0

私は高校生の頃、今より5~7キロ程度太っていました。

本人的には太っていた自覚は全くなく、つい先日も法事で十数年振りに会った親戚会った時「あら~痩せたのねぇ」と驚かれるほど激変したようです。

当時は学校の放課後に、近所のハンバーガーショップへ行き、ポテトを買ったりジュースを飲んでいましたし、夕食もしっかりと食べていましたので、今考えると太って当然だなとは思いますが、周囲は遠慮をしていたのか誰も太っていることを指摘してこなかったので、自覚もなく大人になっていきました。

ところが、高校を卒業する頃には、ホルモンバランスも整ったせいか、なにもしないうちに痩せていきました。

20代の頃は食べ過ぎてもそう太ることはなく、反対に痩せているとまで言われていたのですが、30代になると少しづつ痩せにくくなってきたのかな?と感じるようになりました。

30代初期の方に少々病気を患ったこともあり、20代の頃よりも少し太ったかな?とは自分でも感じていたのですが、色々と思い返すとやはり太る原因がありました。

病気をしている時は、そんなに食べることも楽しくも美味しくもなく、執着がなかったのでうsが、病気が治るにつれ、食べることが楽しくなり、おやつを毎日大量に食べていました。

朝起きてトーストとコーヒーを飲み、10時にはクッキーを食べ、12時に昼食、14~15時にチョコやパンのおやつ、18時には夕食、21~22時に夜食としておせんべいを食べるなど、合間におやつを食べていると、いつの間にか体重は3~4キロほど増加していました。

太れない時には、やはり小腹が空いた時以外にもおやつなどを食べるのが一番じゃないかな?と思います。

Leave a Reply